明日はきっと日曜日

東京の会社で働く新人UX・UIデザイナー

EmpathyとSympathy、そして5本のバナナ

デザイナーのもつ普遍的なスキルとして「Empathy(共感)」がよく挙げられる。自分のデザイナーとしての経験から、Empatyがどのようなものであるのか感覚値としてはもっている気もするが、その輪郭をもう少し深ぼってみたいと思った。

Oxford Leaner's Dictionaryでは以下のように定義されている。

Sympathy

the feeling of being sorry for somebody; showing that you understand and care about somebody’s problems
気の毒にと思う気持ち。他者の問題を理解し、気にかけていることを示すこと

Empathy
the ability to understand another person's feelings, experience, etc

他者の感情や経験を理解する能力

 

Sympathyは感情、Empatyは能力だと定義されている。EmpatyもSympaty日本語では同じく「共感」と訳されることから、あまり日本語の中でその2つが日常的に区別されることは少ないように感じる。2つの違いを強く意識するようになったのは、ブレイディみかこさんの著作、ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルーの中で、彼女の息子がEmpathyとは「自分で誰かの靴を履いてみること」と表現していた。

また、同じ時期に読んでいた青木先生のインダストリアルデザイン講義のなかでこんな記述があった。

”デザインという思考は、まず他者の話を聞くことから始まります。問題を抱えている方々の痛みを我が事のように引き受ける。(中略)「痛みを俯瞰する・客観化する」のではなく、「痛みを引き受ける」ことができるか。この第一歩の違いが、デザインの思想と方法を大きく変えていきます。”

 

おそらくここで言われている「痛みの俯瞰や客体化」は自然に沸き立つ感情そのものつまりsympaty、「痛みを引き受ける」は自らがはたらきかける能力つまりempatyでないのか。つまり、デザイナーのEmpathyとは、自らがデザインする対象(モノ・サービスetc)に関わる人に対して、自分の人生の中から過去に経験したことのある体験や感情を探して他者と感情を共有する、共有しつながろうとする能力のことではないかと考える。

 

一方で、自分が感情移入しやすいタイプであることも自覚しており、友人の悩みを聞いているだけで自分が落ち込んでしまうことも、SNSに流れてくるニュースに対して辛くなり疲弊してしまうことも多々ある。共感する、痛みを受け入れることは、ある意味で自分の感情を消費していることと同義で、わたし自身の余裕がなくなってしまう。

そんな時に頭に浮かぶのは、友人が教えてくれた「普通がいい」という病という本の中で語られる5本のバナナの話である。バナナの話自体の内容は割愛するが、「愛」ために私達ができることの第一歩は、自分自身を満たすことである。自分が自分に満たされていなければ、他者に対して行う行為に見返りを求めてしまう、という旨の話だ。他者の痛みを引き受けることの先に見返りを求めるてしまうのは、なんとも本末転倒であり、滑稽であるように感じるが、自分に余裕がないときこその見返りにすがってしまう。そんな事態を避けるためには、いつのまにやら少し鈍感になっていた自分自身の感情にもう少し向き合って生きていく必要がある気がした。

 

デザイナーは自分の経験の中からデザインすることができない、とかつて大学の先生に言われたことを噛み締めている。わたしが自分の人生を豊かにしていくことが、他者と共感するための引き出しを増やしていくのだろうと思った。