読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日はきっと日曜日

東京の会社で働く新人UX・UIデザイナー

”未来を築くデザインの思想”を読了

 

未来を築くデザインの思想-ポスト人間中心デザインへ向けて読むべき24のテキスト

未来を築くデザインの思想-ポスト人間中心デザインへ向けて読むべき24のテキスト

  • 作者: ヘレン・アームストロング,久保田晃弘(監訳),村上彩
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2016/10/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

この本は、デザイナー(主に紙面とデジタル分野)がいままでに担ってきた役割を紹介するととももに、来るべきポスト人間時代におけるデザイナーの役割を、それによる社会・人間への影響を考える必要性を解いている。

 
読むのにだいぶ時間がかかったが、読み応えのある本だった。未来志向であるべきデザインの本質に触れている。

デザイン留学のお金の話(2)留学用賞与型奨学金を利用する

こんにちわ、12ikaです。
無事に修論を提出、大学院を修了し、4月から社会人となります。卒業式はや追いコンはエモい!の一言に尽きます。
 
さて、前回の記事の続きで、「⑵留学用賞与型奨学金を利用する」ことについて書こうかと思います。
▼前回の記事はこちら▼

留学用賞与型の奨学金を利用しよう!

日本の大学で奨学金を借りている人も少なくないと思うのですが、日本の奨学金は返還型が
メジャーです。この返還型は文字通り、卒業後に少しずつお金を返済していきます。しかし、留学に関する奨学金の中には多くの賞与型の奨学金が存在します。もちろん、成績など借りる為の制限はありますが、この賞与型の奨学金であれば、借金をすることがなく留学の負担を減らすことができます。
 
今回はデザイン留学をするが利用できる賞与型の奨学金をいくつか紹介しますね。
 
一番額支援額が大きいのがこのトビタテ!留学JAPAN、文科省奨学金です。
賞与型の奨学金奨学金、事前・事後研修の旅費、往復渡航費、授業料などが援助されます。
アメリカ、ヨーロッパへの留学であれば月20万円程度が支給されるそうです(後輩談)。学校や地域などで貰える額が変わります。ただし、金額が多い分、他の奨学金よりも報告会や勉強会などの回数は多め。交換留学でなくても、授業料が支援されるため金銭的に非常に助かります。奨学金をもらえるメンバーに選ばれるために何度か面接をする上、求められる基準は非常に高いものですが、かなりおすすめな奨学金制度です。 
 

海外留学奨学金(日本学生支援機構)

私が使っていたのはこの制度です。賞与型奨学金は留学する地域によって受け取れる金額が変わります。パリ・ニューヨークは月10万円、その他ヨーロッパ都市は大体8万円、アジアであればもう少し下がるのかな。返還型もあり、こちらの方が比較的通りやすいのかなと思います。トビタテに比べると金額も少ないですが、レポート等も少ないです。 
 

公益信託ヤマハ発動機国際友好基金  海外派遣日本人奨学生

月10万円の支援がされるそうです。採用が全国で5名程度のため、審査など他のものと比べて少し厳しめです。こちらは留学時に大学院生であることが条件とされている奨学金です。大学の推薦をもらい応募する必要があり、推薦枠は各大学2人まで。学校ごとの応募のため、学校の留学科などに募集要項があると思います。
 

業務用スーパー ジャパンドリーム奨学金

おそらく意外と穴場な奨学金。支援額は月15万。トビタテよりはレポート等少ないそうですが、詳しくはわかりません。募集人数も210名と多めです。条件のなかに、語学研修目的の留学ではないことが明記されているので、デザイン留学の場合は問題ないと思います。 
 

デザイン留学へ行こう

学校の交換留学制度、留学用賞与型の奨学金の利用でかなり留学費用を抑えることができます。デザインは他の分野とは違い、学会の発表回数などで実績を測ることは難しいため、奨学金を取ることは難しいと感じることが多々ありました。今回紹介した奨学金は、実際デザイン留学をした他の学生が使っていた奨学金なので、今デザイン留学を考えている人たちにも十分にチャンスがあります。もしお金の面で留学に行くか迷っている人がいれば、その悩みを打開するためのヒントになればと思います。
 

 <おまけ>

海外でデザインを仕事にする

海外でデザインを仕事にする

  • 作者: 岡田栄造,鈴木元,森山茜,青木翔平,福定良佑,村上あずさ,?島泰,今村ひかる,長田喜晃,青木慶一,小林耕太,山本尚明,中山雄太,清水花笑,川島高
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 この本は海外で働いた・働いている人たちが書いた本で、留学とはまた違いますが、デザイナーとして海外勤務 を視野に入れてる人にはとてもモチベーションがあがる一冊です。2017年に発売された本なのですが、留学前に読めたらよかったなと思い紹介。

デザイン留学のお金の話(1) 学校の交換留学制度を利用する

私は、大学のプログラムでヨーロッパの美大とデザイン学校に半年ずつ留学していました。
留学を決断する際に、意思は固かったのですが浪人をしていた手前、親に申し訳なくてなかなか話を切り出せませんでした。しかも、周りの留学をした子達は、実家が裕福で両親が「留学?いい経験になるから行ってらっしゃい!お金ならいくらでもだすよ!」みたいな子が多く、お金の心配をしていえるのは少数派でした。
 
「休学すると一年間余分に学費払わなきゃいけないし、留学先の授業料高すぎるしどうしよう」と悩みは尽きませんでした。
 
最終的には、大学と国からの奨学金に額を負担してもらい、親の支援もあって一年間留学に行くことができました。もりもり働いて税金かえすぞ〜!
 
現在、デザイン系大学または美大に通っていて、留学に行くかどうかを金銭面で迷っている人がいるならば、
⑴学校の交換留学制度を利用する
⑵留学用賞与型奨学金を利用する
ことでかなりの留学費用を抑えることができるのでおすすめです。
 
まず今回は「(1)学校の交換留学制度を利用する」について書きたいと思います。
 
学校の交換留学制度を利用して留学するとかなり費用を抑えることができます。
一年間の留学(実際は10ヶ月)でどれくらいのお金がかかったのか、<授業料> <生活費>の二つの項目から見ていこうかと思います。
 
 

留学以前

<授業料>

国立大学に通っているため、授業料は年間535,800円。親に支援してもらっていました。
 

<生活費>

もともと私は大学入学と同時に実家を出て、一人暮らしをしていました。
 
主な一ヶ月の収入は、
親からの仕送り(家賃を含む)100,000円+奨学金(返還型)30,000円+アルバイト約20,000円
=合計150,000円
 
今考えると、旅行などの貯金以外は毎月お金を使いきってた気がします。課題の材料印刷代飲み会etcとお金は飛んでいくばかり。美大生・デザイン学生は課題に追われていてあまり長時間バイトに入れない人も多いかと思います。私自身も学部の3年生までは時間もキャパシティもほとんど足りなくて、少ない空いた数時間で働き、一ヶ月2万円弱程度のアルバイトと、たまにお金が本当にピンチのときに派遣で日雇いのバイトをしていました。今考えると、バイトを高時給の職場に変えればよかったな私…。
 

留学中

<授業料>

私の参加した留学のプログラムは、交換留学のプログラムでした。
 
交換留学なので籍が完全に自分の大学にあるため、留学先の学校の授業料を払う必要はなく、留学中も自分の大学に授業料を収めていました。国立大学に通って行ったのでこの授業料を自分の大学に払うスタイルが本当にありがたかった…!
 
ということで、1年分で自分の収めた授業料は留学前と変わらず年間535,800
 
これは、ヨーロッパ諸国に留学する場合、私費留学にかかる費用と比べてべらぼうに安いです。 
なぜなら、ヨーロッパ美大の学費が恐ろしく高い。
 
サンプル留学先1:イギリスの美大の授業料を比較。
 
通っていた大学はイギリス・スコットランドにあるThe Glasgow School of Artという美大です。
卒業生デザイナーとしてはレニーマッキントッシュが超有名。 
 
私費留学生の授業料
(1年間)£13,800=約1,937,907円
(1セメスター)£6,900=約968,953円
 
私費留学生として1年大学に通っていたとしたら約200万円、一方日本の国立大学の半年の学費は約54万。もし200万円払う必要があったら留学したいなんて思いもしなかったかもしれません。もちろん、どんな大学と提携しているか・そこの授業料を払う形態はどうなっているのかは大学によって違うので確認しましょう。
 
また、留学費用とは直接関係ないのですが、ヨーロッパの大学は、留学生ではない普通の学生であっても、ヨーロッパ圏内に国籍を持つ学生とそれ以外の国籍を持つ学生で学費が違うことが多いです。
Glasgow School of Artの場合
国籍がスコットランドまたはEU £1,820=約255,579円
国籍がスコットランド以外のEU   £9,250=約1,298,959円
 それ以外の国籍 £15,240=約2,140,123円
 
他のヨーロッパの国と比べても比較的イギリスの学費は高めなので、同じ時期にGlasgow School of Artプロダクトデザイン学科に通っていたEU圏内留学生達も、ERASMUS*1やMEDes*2などの留学制度を使って留学していました。
ちなみに、有名なロンドンのRCA(Royal College of Art)の院生・非EU学生の授業料は年間400万。 社会人経験者想定ですね、おそらく。

<生活費>

その2で詳しく奨学金の話を詳しく述べる予定ですが、留学中は、通常の返還型の奨学金のほか、日本学生支援機構の賞与型奨学金8万円を受けていました。

 
主な一ヶ月の収入は、
親からの仕送り(家賃を含む)100,000円+奨学金(賞与型)80,000円+奨学金(返還型)30,000円
=合計180,000円
 
家賃はほぼ大学付近での一人暮らしの家賃と変わらず、両親からは留学前と同様100,000円の仕送りを受けていました。留学中はバイトをする必要がなく(というかビザの関係上就労は不可)、課題に打ち込めて楽しかった。語学力が追いつかず、英語の勉強も並行していたのですが、バイトをして時間を浪費することの何倍も楽しかったな〜。

<留学課に相談しよう>

私の留学プログラムは、休学せずに単位交換によって年次を進むことができるという変わった制度でした。そのため、大学を休学する必要もなく、休学している間の学費を払う必要もありませんでした。この制度が親に説得するためのポイントの一つになりました。最初留学したいと伝えた際に、「あんた7年も大学行くの…」と絶望されましたが、この制度が大きな説得力となりました。
 
もしかしたら同じ制度はないかもしれませんが、学校の留学課などに相談すると意外と親身になっていろいろ教えてくれますよ。金銭的な負担を軽くできるような方法もおしえてくれると思います。大学には、あまり多くの人が知らないお得情報が多すぎる。 

まとめ

<生活費> 
学校の交換留学制度を利用することで留学費用を大幅に抑えることができます。
授業料・生活費は日本の大学に通っていた場合とほぼ変わりません。
自分で負担しなければならない留学費用としては、航空券代・引っ越し代のみなので、かなり安く留学が出来ます。
 
現在デザイン系の大学に通っていてデザイン留学を考えている人は
学校の交換留学制度を利用することで金銭的負担をかなり軽減できますよ、という話でした。
次回は奨学金について書こうと思います。
 
続編はこちら▼
 
 

*1:EUにおける学生の流動化推進を目指す留学プログラム

*2:MEDes - Master of European Design 欧州の7つのデザイン学校間での交換留学制度。

酸素系漂白剤で洗濯機を初めて洗ってみた(引っ越し準備編)

こんばんは、12ikaです。

明日の早朝からタイへ卒業旅行へ行ってきます。久しぶりの東南アジアなのでドキドキ。

 

さて、引っ越し準備編その2として、洗濯機の掃除をしました。

大学一年生のときに購入した洗濯機なのですが、私は「洗濯槽を洗濯するする」という概念を知りませんでした。引っ越しを機に家電家具のメンテナンスをしようと思い、ググって初めて知った新しい概念。これは大物だぞ〜ドキドキ!

 

掃除の仕方はこのサイトを参考にしました。

allaboutfamily.info

 

準備

今回の主役は酸素系漂白剤

まるまる一袋使います

f:id:riririot:20161206130357j:plain

 

手順に沿うと大体こんな感じ

▼お湯をためて酸素系漂白剤を一袋投入した様子。3時間くらい置いてます。

お湯は直接入れるのが難しかったので、ケトルで沸かして水で温度調節しています。

ポイントは45~50度のお湯でつけ置きすることらしいです。

 

f:id:riririot:20161206130809j:plain

 

▼一回目かく拌、むちゃくちゃに汚い。

ここでゴミを一度回収。

f:id:riririot:20161206161522j:plain

▼2回目のかく拌後

f:id:riririot:20161206132149j:plain

▼3回目のかく拌後

f:id:riririot:20161206154912j:plain

 

 

周りのほこりも掃除しつつ、洗いから脱水まで行いました。

さっぱり!すっきり!

こんなに汚くなってるとは思わなかった…。

一人暮らしも7年目になるし、定期的に大物もメンテナンスしなくてはいけないですね〜(自分への戒め)

 

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g

 

 

サナダ精工 ジャブ バスネット ブルー 1個

サナダ精工 ジャブ バスネット ブルー 1個

 

 

トランプが米国に入国禁止になった国のアーティストを集めたプレイリスト

英国のアーティストFour Tetが、トランプが入国拒否をした中東7カ国(ソマリア・シリア・リビアイラクスーダン・イエメン・イラン)にゆかりのあるアーティストの楽曲を集めたプレイリストをspotifyで公開した。

 

spotifyで公開中のプレイリストはこちら

open.spotify.com

https://twitter.com/FourTet/status/826113997355307011 

 

好きでよく聴いているんだけど、このプレイリストはattitude も選曲も贔屓目なしにかっこいい。

インターフェースの哲学

留学中に書いた書いたインターフェースについてのレポートを見つけた。

~~~~~ 

インターフェースは常に人間とモノの”境界”である。道具が透明になれば、その道具は身体の一部となる。人間はテクノロジーによって身体を拡張する事が出来る。インターフェースの階層を移動することにより、人間は新しい体験や感覚を手にする事ができる。この時、人間の身体は拡張されている。

例を挙げよう。私が自転車に乗っているとき、なにかおかしな事が起きない限り、私はどのように運転するかということを意識する必要は無い。なぜならば、私の身体は自転車全体にまで拡張されているから。この時、知覚とインタラクションは自転車を含む私と外の世界の間で起こる。現在、そして未来のハイテクノロジー時代において、人間の自然なジェスチャーは、インターフェースを違和感無く、無意識に移行する手助けになり、そして人々はそれを受け入れ使う事が出来るだろう。

印象に残ったディスカッションの一つに、先生が事例として認知症のためのプロダクト*1を挙げた時の議論がある。もし、認知症の人が家に帰る道を間違えてしまったときに、機械が「家に帰る道が間違っていますよ。こっちの道に進んでください。」と指示した場合、その機械は正確なガイドとして機能するだろう。しかし同時に、機械は人間にとっての檻になるかもしれない。少なくとも何人かの人はそう感じるだろう。私はこれが機械と人間の関係性の論点の一つであると考えている。人間が機械(またはテクノロジーを)を支配しているということと、人間が機械に支配されていることの境界はどこにあるのだろうか?))))

 

ウェアラブルバイスのマーケットは成長産業の一つであり、テクノロジーの発展と共に、ウェアラブルバイスはますます”普通”になっていくだろう。あなたは様々なウェアラブルバイスを日常的に身につけるかも知れない。時にデバイスはあなたの事をあなたよりも知っている。人々はいつでも取り外しできることから、ウェアラブルバイスを簡単に受け入れるであろう。私は次にくるのはインプランタブル(埋め込み式)デバイスであると推測している。そしてその時、人々は人間と機械の関係性について今と同じ議論を繰り返す。人間が機械を支配することと、機械に支配にされることの違いはどこにあるのだろうか?-ディストピアもそう遠くない。インターフェースの議論は哲学である。

 

~~~~~~~~~

インターフェースの話は哲学。ディストピアも遠くない。

 

*1:

オランダのファッションデザイナー Pauline van Dongenによる作品。スマートテキスタイルのデザイナーMartijn ten Bhömerとの共作。このセーターにはセンサーと導電糸が編みこまれている。主に認知症の老人をターゲットとして製作されている。

メルカリvsフリルvsヤフオクvsジモティ(引っ越し準備編)

12ikaです。更新が滞らないようにするため、デザイン以外にも雑記をいろいろ書いておこうと思います。

 

4月から東京で働くため、引っ越しの準備をしています。家具なども一新しようと思い、今ある荷物をいろんな場所で売ってるのでメモ。

使ったサービスは主に4つ

カメラのレンズ、フラッシュ、家具(ベッド・本棚・棚)など、いつも使っているメルカリであまり売れ行きが悪かったので試しにヤフオクに出店。

▽ネット売買の取引規模・利用ニーズの違いはこちらの日経の記事がわかりやすい。

vdata.nikkei.com

 

以下感想と売れたもの。

メルカリ

泣く子も黙るメルカリは、やはり値段が安いものが売れやすい。その分利益はあまりないけれど、「捨てるのにはちょっとなあ・・・」という細々したものがすぐ売れる。

売れたもの:10年前の電子辞書、CD(シングル・アルバム)、エアロバイク、無印良品の文具(ほぼ未使用)、文庫本、DJ機材(半分ジャンク品)、使ってないウォークマン

フリル

女子服のフリマアプリNo1はフリル。ブランド名(メーカー名)があるものは、マイナーなブランドでも圧倒的に売りやすい。もう着ない系統の服などを中心に。服に関しては季節が左右されるので、夏服は売らないで夏が来るのを待つことに。ちなみに逆に、よく服を買う側で利用するのもフリル。

売れたもの:ジャケット(w closet)、キャップ(me%), ワンピース(OPENING CEREMONY)、スカート(グリモワール)、スカート(A.P.C.

ヤフオク

実は、周りの大学生・大学院生を見てもヤフオクを使ってる人はあまりいないので、今回売る場所として候補になかった。バイト先に10個上の先輩が「ヤフオクでしかものを売ってない」と言っていたのを聞いて、意外とヤフオクもありなのでは?と思い使用。一時期使っていたときよりもアプリの使いやすさが格段に上がっていて感動。メルカリでライクすらほとんどつかなかったcanonのカメラレンズに、出品後すぐ入札が入る。ビジネス書なども売れたので、やはり年齢層が高い印象。

売れたもの:カメラレンズ、文庫本、ikeaの家具。

ジモティ

直接引き取り系サービスの中ではアッテより集客あるんじゃないかなジモティー。webサイト・アプリののイケてなさ(よく言えばシンプル)とは裏腹に、取引は活発におこなわれている。「捨てるのにはお金がかかる!売りたいけど、リサイクルショップは引き取ってくれない(むしろお金を要求される)!メルカリだと発送料も高いのでうれない!どうしよう!」と頭を抱えるものを売るのに有効。0~5000円くらいで売れる。大型家具でも誰かが引き取りに来てくれるし、お金がもらえる!ラッキー! メルカリ・ヤフオク・フリルなどで売れなかったものを安く売るのが良さそう。

売れたもの:ベッド

 

まとめ

そこそこのものが売れる・安く買えるはメルカリ(※)

女子服を売るならフリル

ヤフオクは使用する年齢層が高いもの

ジモティーは送料が高いもの(大型家具類など)

 

※…メルカリは単価が安い分、精神的にダメージを食らうことが多いことが注意点。ベッドを3000円送料別で売っていたとき、「群馬県ですが送料いくらですか?」と質問が来たので千葉からの発送料を調べてあげた。17000円だと送料を伝えると、「送料込みで10000円になりませんか(^^;)?」と言われた。10000円分はどこに消えるというのだろうか。

 

はじめてのメルカリの使い方 (BASIC MASTER SERIES)

はじめてのメルカリの使い方 (BASIC MASTER SERIES)